読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファインダーを覗いた先に

わ た し の き ろ く

イヤホンから聴こえる声

 

 

 

 

小学生の時、近所に住むお姉ちゃんが、当時流行っていただろうタッキー&翼の「タッキーが好き!」って言っているのを聞き、タッキー誰?同じ小学校の人?と思ってたくらいにはジャニーズと無縁だったわたしがHey!Say!JUMPを知ることになったのは、紛れもなく中学1年生の秋、Hey!Say!JUMPがデビューしたときだった。

クラスの女子が「山田くんカッコいい♡」「知念くんかわいい♡」と言っているのを何度も耳にしていたし、机に「山田涼介ラブ♡」の文字が書いてあることも少なくなかった記憶。好きな人の名前机に書きがち〜!

 

某音楽番組が好きだったわたしは、ジャニーズに興味がなくともHey!Say!JUMPがトップバッターで歌っているのを何度も観ていて、その中でわたしが「まぁこの人が一番かっこいいかな〜〜」なんて思い続けていたのは、後ろの端っこの方で名前がわからない人。何度友だちに聞いても名前が覚えられない人だった。

 Hey!Say!JUMPの出番がくる度、その名前のわからない人をみつけては、山田涼介の次に顔整ってるよなぁあの子、と勝手に目の保養になる男の子として認識してた。(当時の私的ナンバーワンは向井理)

 

 

 

 

そうして何年か経ったとき、わたしは Kis-My-Ft2 に興味を持った。ギラギラしてていけすかないようで、何事にも喰らい付いていく、ハングリー精神の強い彼らのことを大好きになっていった。これを機にわたしは遅咲きのジャニオタに、、!

今までわたしは紅白歌合戦◯年連続出場!みたいな国民的アーティストであったり、女性アイドル、LDH、バンドであったりと割と幅広く音楽を嗜んできた。それが最終的にジャニーズに落ち着いてしまったためか、友人には結構本気で心配された。ほっといてほしい。

 

ちなみに Kis-My-Ft2 では動物大好き、お料理大好き、俳句が大得意なキスマイのお母さんこと、横尾渉くんが好きです。かっこいいんです横尾渉

 

そこでジャニオタの宿命なのかわからないけど、どうしても他のグループも気になってきて。そしたらちょうどその頃仲の良い友人もジャニーズに目覚めはじめていて、『Hey!Say!JUMPの伊野尾くん』に興味がある、と教えてくれた。

 

 

ん?

なんか聞き覚えあるような、、、

 

 

急いで検索すると、わたしがHey!Say!JUMPの中で一番かっこいいと思っていた人の画像がでてきてびっくり。やっとそのとき初めて名前と顔が一致した。伊野尾慧、もう忘れないぞ。

 

そんな良い出会い方をしたために伊野尾慧という人がどんな人なのか気になり始め、ジャニオタらしく伊野尾くんについて調べた。某動画サイトを漁り、TS○UTAYAでアルバムを借り、気に入った画像を保存し、リトラディズニー回を観ながら「うわ〜〜もうまじで可愛いじゃんトロンプルイユ最高じゃん、、伊野尾くん、、;;」と友人にLINEするようになっていた。ハァ〜〜〜〜〜もうめっちゃ好き(自覚)

 

わたしは昔からひとつの事にハマるととことん尽くしちゃうマンなので、毎日バカみたいにHey!Say!JUMPの曲を聴いていたし、動画みまくってたし、今までわたしどうやって生活してたんだっけ?ってくらい伊野尾くんとHey!Say!JUMP中心の生活を送ってた。

 

 

ある日、わたしは学校を終えてスクールバスに乗った。いつものようにイヤホンでHey!Say!JUMPの曲を聴いていると、ある曲に差し掛かった。最初のワンフレーズを聴き終えた後、曲を一旦止めた。

その頃のわたしは、伊野尾くんや山ちゃん、知念くんのような、割と目立つ声しか聴き分けることができていなかった。なのに、そのワンフレーズを聴いて、3人とは違う人の歌声に思わずドキッとさせられた。

 

 

 

一際明るくて突き抜けるようなのに、甘くてサクサクしてて、時にせつない、ふわっと色気のある、とっても心地のよい声。

 

 

この魅力的な声に気づいた瞬間、いてもたってもいられなくなり、すぐGoogle先生に頼り検索。この声にひと耳惚れ(?)したのは確かだった。なんで今まで気がつかなかったんだろう。

その曲の歌割りが書かれていたサイトを見つけ、見てみると、その声の主は

 

 

有岡大貴くんだった。

 

 

 

有岡くんといえば、わたしの中では伊野尾くんと仲良しのちっちゃい元気な子、のイメージだった。いつもそれなりに目立っていて、リトラディズニー回メッチャ可愛いし、ベイマックスだし、おヒルの番組ではおとぼけキャラだし、知念ちゃんの次にかわいいキャラ確立してるな〜くらいに思ってた。

 

 

なのに、なのに、、、エェ〜〜〜!?あの "かわいい" 有岡くんはいつもこんな声で歌っていたの?;;

 

 

一旦止めた曲をまた聴き直す。

好きな歌声、とか今まで考えたこともなかったけれど、有岡くんの声はわたしの好きな声だ、と思った。

それに加えて有岡くんの歌い方も大好きで、いやもうほんとにみんな大好きだと思うんだけど、歌った後に吐息を残す歌い方に、わたしは何度だって新鮮に聴き惚れてしまう。(例えば、Puppy Booの「僕目前で 後ずさるとか どこまで癒すの?」とかが分かりやすいかもしれないここ本当に好きですありがとうサンキューフォー世界中へとハッグ)

 

 

有岡くんの声に完全に虜になった。

 

 

 

わたしはその頃まだ「担当」という概念をもっていなくて伊野尾くんのことが好きだな〜って感情だけでHey!Say!JUMPを追いかけていたけれど、あの声を聴いてからたくさん有岡くんのことを知るうちに、今の有岡くんを応援したいと思うようになった。

 

ジャニーズのアイドルであることに対する姿勢であったり、自身のスタンス、誰よりも輝くダンス、隠しきれていない爆モテ感、そしてなによりメンバーを始め、スタッフや共演者、ファン、視聴者、誰にでも愛される有岡くんに、わたしはまるっと恋に落ちていた。というか、完全に落とされました。

 

 

有岡くんは「ファンでよかったなぁ」と思わせる天才。好きになってから毎日のようにそう思う。

 

 

ていうか、知れば知るほど好きになる要素しかなくて、やっぱり尽くしちゃうマンのわたしは、有岡くんのおかげで働いたお金が毎月華麗になくなっていく。とっても幸せなことなんだろうけど、本当にない。有岡くんってばどうしてくれるの嫁にして。お願い。一生のお願いがあるならばここで使わせて。本望。

 

 

 

そんなわけで、

 

Hey!Say!JUMPに出会うキッカケをくれた伊野尾くんと、毎日をこんなにもきらきら楽しくしてくれる有岡くん。わたしは、Hey!Say!JUMP9人はもちろんのこと、この2人のことが特別に大好きです。

 

 

あんなに伊野尾くん伊野尾くん〜〜!って言ってたのにこンの浮気性、、!と自分で思いながらもわたしは今、有岡担としてジャニオタをしております。ハァ〜〜〜、みんなhappy。

f:id:mnm_9a:20160922233507j:image

 

 

 

 

  

そして最後に、有岡担になるきっかけとなった曲は

有岡大貴作詞、『RELOAD』でした。

 

 

 

へへーん、ベタでしょ!わたしもそう思う。

 

 

カッコイイも可愛いも毎日のように更新していく有岡くんに、今後も目が離せそうにありません。

 

 

 

 

 

…と、わたしとHey!Say!JUMPの出会いをつらつらと書いてしまいました。ついにやってしまったはてなブログ。この記事わたしにしか需要なさすぎてるので、もし読んでくださった方がいたら本当にすみません。ありがとうございます、、!

 

 

さ、次は有岡くんが◯◯だったらっていう妄想シリーズでも書きます。

 

じゃすてみーわどぅわなどぅ〜〜!!!!!!!!!!!!!!!